【2019年】レッドリボンがなくなった?!フィリピン人との結婚手続きに必要な書類認証・アポスティーユ

【2021年】レッドリボンがなくなった?!フィリピン人との結婚手続きに必要な書類認証・アポスティーユ

フィリピンの書類からレッドリボン(赤いリボン)がなくなった!!

2019年5月14日にフィリピンがハーグ条約の締約国になった

私、今まで結構色々な人へ何度も言っていたのですが、世界で1番カッコいい書類はフィリピンのレッドリボン(フィリピン外務省の認証)やと思っていたんです(笑)

それやのにーーーー( ;∀;)!!!

赤いリボンがなくなったーーー!!!

 

川端
どーも!こんにちは!サニーゴ行政書士事務所の川端です。今回は「【2021年】レッドリボンがなくなった?!フィリピン人との結婚手続きに必要な書類認証・アポスティーユ」をテーマにご紹介したいと思います。

 

残念ながら(?)2019年5月14日にフィリピンが「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」の締約国になったので、私が好きだったレッドリボン(赤いリボン)が廃止されました。

まぁ……「なくなったからって何?」という感じかもしれませんが、ネットではまだまだ【フィリピン外務省で認証されると赤いリボンが付けられる】という情報が多いので、書類を取得して「リボンないやん!!!」と焦ってしまわれた方へ向けて記事を書きたいな~と思います(笑)

これからフィリピン人のご婚約者様と結婚をしよう!とお考えの方や、すでにフィリピン側で結婚が完了していてこれから結婚ビザ・配偶者ビザ申請を進めよう!とお考えの方はぜひチェックしてください♪

 

 

そもそもレッドリボン(DFA認証)って何だったの?!

フィリピンの外務省で認証された書類=レッドリボン

DFAとはフィリピン外務省(Department of Foreign Affairs)の省略です。

日本に外務省があるようにフィリピンにも外務省があって、フィリピン外務省で正規の書類であることを認めてもらうことをレッドリボン(DFA認証)といいます。

海外で発行された書類はどうしても偽造書類が多いため、フィリピンで発行された書類(例:結婚証明書や出生証明書・独身証明書等)がきちんとした役所・機関で発行された書類であることをフィリピン国として認めますよーというもので、2019年5月14日以前まではフィリピン外務省(DFA)で認められた書類には赤いリボンが付けられていました。

5月14日以前に取得したレッドリボンの書類は結婚手続きに使用出来るの?!
こちらについては正確なご回答はできかねますが、2019年7月時点で弊所でサポートさせて頂いたお客様についてはレッドリボン書類を特に問題なくご使用頂けました。ただ、書類の有効期限は基本的に発行されてから3ヶ月or6ヶ月とされていることがほとんどなので、今後ご使用頂く方はご注意ください。

これからは認証ではなくアポスティーユ(APOSTILLE)に

赤いリボンから金ピカのシールになった!!

赤いリボン(レッドリボン/DFA認証)は廃止されたけど、じゃあこれからは何になるの?と気になる方へ!

これからは、アポスティーユ(APOSTILLE)になります。書類に金ピカのステッカーが貼られます。そして、書類自体も今までのものと変更になって「APOSTILLE」となっています(全ての場所・機関で一斉に変更されているようではなさそうですが)。

手続きとしては今までのレッドリボン(DFA認証)と特に変わらないようなので、結婚手続きを行う場合はフィリピン外務省へ行って従来通りの手続きを行ってもらえればOKかなと思います。

 

認証??結局アポスティーユって何なんだ?!

「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」って言われても難しく感じるゾ!

認証やアポスティーユを説明するためには、ハーグ条約について知って頂く必要があります。

「外国公文書の認証を不要とする条約(略称:認証不要条約)」(1961年10月5日のハーグ条約)という条約があり、日本はその締約国です。先述したように、2019年5月14日にフィリピンもこの条約の締約国になったんですね。

通常、日本の公文書を外国へ提出する時は、日本にある各国の大使館領事館であらかじめ認証を受けなくてはいけません。しかし、この条約を締約している国へ日本の公文書などを提出する時は、外務省でアポスティーユを受ければあらかじめ日本にある大使館領事館で認証を受けなくてもその国で使用ができるというものです。

具体的な例としては、日本で取得した戸籍謄本をフィリピンで使用しようとした場合、今までは市役所で戸籍謄本を取得して→日本の外務省で認証してもらって→駐日フィリピン大使館・領事館で認証してもらってからでないとフィリピンでは使用できませんでした。今回フィリピンはこのハーグ条約を締約したので、フィリピンで戸籍謄本を使用する時には日本の外務省でアポスティーユを受けるだけで使用できるようになりました。なので、駐日フィリピン大使館・領事館での認証の手間を減らすことができるんです!

「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」の締約国 (※一部抜粋)
アメリカ・イギリス・イタリア・インド・ウクライナ・オーストラリア・オランダ・コロンビア・スウェーデン・スペイン・韓国・ドイツ・トルコ・ニュージーランド・ブラジル・フランス・モロッコ・モンゴル・ロシア NEW ガイアナ(2019年4月18日)・フィリピン(2019年5月14日) 他

※一部の国ではハーグ条約締約国であっても書類によっては駐日大使館・領事館での認証を求めるケースもあります。

 

フィリピン人の婚約者と結婚したいが色々と手続きが難しい!

フィリピン人のご婚約者様と日本で簡単に結婚手続き&結婚ビザが取得できる方法

追記:現在新型コロナウイルスの影響によりフィリピンからの入国に制限が発生しているため下記のサービスは一時停止をしております。サービスが再開いたしましたらご報告いたします。
こちらのページを発見された方は、フィリピン人のご婚約者様とのご結婚をお考え中なのではないでしょうか?
サニーゴ行政書士事務所では、毎月5組限定ではございますが、「フィリピン人のご婚約者様と日本で暮らすための日本での結婚手続き~結婚ビザ取得までのサポート」を業界最安値140,000円(税別)でお手伝いさせて頂くサービスをご用意しております。
日本で結婚手続きを行うのでフィリピンへの渡航は不要(長期間仕事を休まなくてOK)・早い方であれば最短1ヶ月でご婚約者様の来日が実現しています。
また、万が一の返金保証付きなので安心してフィリピン人のご婚約者様との結婚生活をスタートして頂けるかと思います。
もし「フィリピン人の婚約者と結婚したいけど手続きがまったく分からない」・「フィリピン人の彼女と1日でも早く日本で一緒に暮らしたい」とお悩みの方はぜひ下記のページをチェックしてください!
もちろん「すでに結婚手続きは完了したけど結婚ビザの取得が不安」な方につきましても、結婚ビザのみのサポートも行っておりますのでぜひ1度お問合せフォームまたはお電話からご相談ください。

まとめ

フィリピン書類はレッドリボンからアポスティーユへ

 

もちまる。
もちまるもフィリピンのレッドリボン書類カッコいいと思ってたのに〜。
サニー先生
これからは金ピカシールの時代じゃな。
まとめ
・レッドリボン(DFA認証)が廃止された
・フィリピンが2019年5月14日にハーグ条約の締約国になった
・これからはアポスティーユ(APOSTILLE)に変わります
川端
今回のテーマはいかがでしたでしょうか?少しでも皆様のお役に立てたなら嬉しいです♪結婚ビザ申請でお悩みの方は、是非お気軽にサニーゴ行政書士事務所へご相談ください。

結婚ビザ申請はサニーゴ行政書士事務所へおまかせください

認定申請&変更申請110,000円~│更新申請55,000円~(税込)!追加料金一切不要!

初回相談無料!お気軽にご相談ください

 

1度の申請で結婚ビザ取得を目指しませんか?

 

 

「200組以上のご夫婦」の結婚ビザ取得実績がある行政書士がサポート!

・結婚ビザが取得出来るまでサポート
・他事務所で断られた方もOK
・ご来所不要で空き時間に手続きOK

>結婚ビザをスムーズに取得するならサニーゴ行政書士事務所へおまかせ

結婚ビザをスムーズに取得するならサニーゴ行政書士事務所へおまかせ

結婚ビザをスムーズに取得するなら、ビザ専門の行政書士事務所「サニーゴ行政書士事務所」におまかせください。初回相談無料・追加料金一切不要・ご来所不要だからお仕事が忙しい方もスキマ時間に手続きOK!ビザ専門の行政書士事務所だからこそ出来るサービスが豊富です。詳しくは下記をチェック!

CTR IMG